根尾昂が初の猛打賞に好守、熊谷敬宥は盗塁王に浮上【アジアWL】

NPB(プロ野球) 阪神 中日

台湾で行われている2019アジアウインターベースボールリーグの日本社会人選抜対NPBホワイト戦が7日行われ、5-3で日本社会人選抜が逆転勝ちした。

NPBホワイトは初回一死二塁から「三番・センター」で先発の中日・根尾昂が中前適時打を放ち先制。五回には阪神・片山雄哉のソロ本塁打でリードを広げた。

しかし、五回から登板した阪神・馬場皐輔が五回に四球と自らのエラーが絡んで1失点、六回には1安打4四球で2点を失うなど、2回2/3で3安打5四球4失点の乱調で逆転を許し、敗戦投手となった。

根尾は初回に盗塁も決めたほか、六回と八回には内野安打を放ち、この日は4打数3安打、このウインターリーグで初の猛打賞を記録。11試合目で打率を.300に戻した。四回裏二死一三塁のピンチでは、古田塁(JFE西日本)頭上を越えるかという当たりを背走してジャンピングキャッチする好守も見せた。

このほかでは、阪神・熊谷敬宥が2安打2盗塁と持ち味を発揮。ここまで5盗塁でウインターリーグ盗塁王に浮上した。

関連記事