柳田悠岐 児童支援施設を訪問

話題・エンタメ ソフトバンク プロ野球

ソフトバンク柳田悠岐がNPO法人「SOS子どもの村JAPAN」を訪問した。

SOS子どもの村JAPANのホームページによると、さまざまな事情で家族と暮らせない子どもたちが家庭的な環境で育つことができる社会をめざし、「子どもにとっての最善の利益」を活動の拠りどころとして、子どもと家族の支援を行っている。

柳田は1本塁打につき30万円を寄付しており、寄附金の目録を贈呈した。

今季は故障に苦しんだが、来季はキャリアハイを狙う。寄附金も増えるはずだ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事