東海大「大麻使用で捜査」複数部員 巨人・菅野、原監督ら輩出

スポーツ エンタメ・話題 巨人 広島 事件事故・ゴシップ

東海大は17日、複数の硬式野球部員が寮内で大麻らしきものを使用したとして、部を無期限の活動停止にしたと明らかにした。9日午後に「部員が大麻を使用している」という電話があり、調査を行うとともに、神奈川県警平塚署に相談。通報では名前は挙げられていなかったが、16日の大学の調査に対し、部員が寮内の部屋での使用を認めた。

使用したのは「1ケタの複数人」。4人部屋を襖で仕切った2人用の居住スペースで、興味本位で用いたという。「常習」していた可能性が高いとの報道もある。県警は部員を任意で聴取し、16日に寮を家宅捜索した。部員は現在、指導者の監督の下、寮とは別の施設にいる。寮はグラウンドに併設されて2棟あり、部員128人のうち110人が生活している。

・元ロッテ・ジャクソン釈放 大麻で逮捕、処分保留

山田清志学長は17日午後に記者会見し、「本件は大麻取締役法違反による逮捕には至っておりませんが、警察の捜査に引き続き協力するとともに、大学としても調査を実施し、全容の把握に努めて参ります。広く大学を支えて頂く皆さまの信頼を裏切ることになりましたことを、心よりおわび申し上げます。本学では学生に対し、薬物の危険性を訴える指導をして参りましたが、このような事態になり誠に遺憾であり、責任を痛感しております。今後、このようなことが決して起こらぬよう、全学生を対象に、薬物の危険性に関する啓発活動を実施し、再発の防止に全力を注ぐ所存であります。最後に、当該学生たちは未来ある若者です。彼らの更生を大学として責任を持って尽力してまいりますことをお誓い申し上げます」と話した。


東海大は1964年に創部。大学日本一を決める全日本大学選手権で4回、首都大学野球では最多73回の優勝を誇る。巨人・原監督や菅野智之、広島・田中広輔ら多数のプロ野球選手を輩出している。

4年生3人がプロ志望届を提出。26日のドラフト会議で上位指名が予想される選手もいる。湘南キャンパスでは指名選手のオンラインでの記者会見も予定されている。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS編集部、東海大HPより

 

関連記事