村上宗隆「球団最年少1億」ダル、マーに並ぶ

NPB(プロ野球) スポーツ ヤクルト 契約更改

ヤクルト村上宗隆が7日、5500万円増の年俸1億円で契約を更改した。3年目の今季は打率.307、28本塁打86打点。出塁率.427で、初のタイトルとなる最高出塁率に輝いた。

「大台」に到達したが、高卒4年目では、日本ハム・ダルビッシュ有(現カブス)や楽天・田中将大(現ヤンキース)らに並ぶ記録。ヤクルトでは大学・社会人出身の古田敦也、大卒の青木宣親、小川泰弘が4年目で到達しているが、高卒では初めての快挙だ。

村上は「球団の方に色々な面で評価していただき、大台の1億円に達することができました。成績に関しては申し分なくやってくれたという評価をしていただきましたし、他の面でもピッチャーに声をかける姿であったり、ベンチにいるときの姿だったり。そういうところも見ていただいた。すごく良い評価をして頂いた」

11月には扁桃の摘出手術を受けた。シーズン中に発熱したことがあるためだ。「今年3割、30本、100打点が達成できなかったので、来年は勿論、そこは最低ラインだと思っている。より良い成績を残したいなと思っています」。万全の状態で4年目へ臨む。

文・写真/BBNEWS編集部

◆村上宗隆
背番号 55
カナ ムラカミ・ムネタカ
出身校 九州学院
誕生日 2000年2月2日
年齢 20
血液型 O
身長 188
体重 97
所属履歴 九州学院(甲)
キャリア 3年
投打 右左
ドラフト年度 17
ドラフト順位 1
公式戦初出場 18年9月16日広島=神宮
年俸 4500万円
昨季年俸 800万円
タイトル (新)19
家族 独身

関連記事