村上一軒家ゲットも「ホームラン賞」拡大

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 ヤクルト

今年こそ出るか――。ヤクルトの選手が神宮球場の看板直撃弾を放てば「東京の家1軒」がもらえるという「オープンハウス・ホームラン賞」のチャンスが拡大した。

昨季はバックスクリーン上と左右の看板が対象だったが、今季はライトスタンド中央に「特設エリア」を設定した。左打者が引っ張った際に飛距離が出やすい角度だ。

オープンハウス・ホームラン賞は2016年から行われているが、上の看板は160メートル、左右の看板でも140メートルの飛距離が必要。センター方向にこれだけの飛距離は至難で、これまで家をゲットした選手はゼロ。バレンティンや山田哲人でも果たせなかった。

今回の変更には山田が球団を通じて「ファンの皆さんが待つライトスタンドにホームランを打てば、神宮球場もより盛り上がると思います。1本でも多く打てるように頑張ります」とコメントしたが、“本命”は右打者の山田ではなく左打者の村上宗隆だろう。

その村上は6日の春季教育リーグに「四番・三塁」で出場、3打数1安打1打点と開幕に向け着々とステップを踏んでいる。熊本出身で、入団後は寮生活を送る村上にとって「東京に家1軒」は発奮材料となるだろう。東京に家があれば、将来の流出防止にもなるか?

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS、球団公式HPより

◆村上宗隆
背番号 55
カナ ムラカミ・ムネタカ
出身校 九州学院
誕生日 2000年2月2日
年齢 20
血液型 O
身長 188
体重 97
所属履歴 九州学院(甲)
キャリア 3年
投打 右左
ドラフト年度 17
ドラフト順位 1
公式戦初出場 18年9月16日広島=神宮
年俸 4500万円
昨季年俸 800万円
タイトル (新)19
家族 独身

関連記事