村上が20号満塁弾、高卒2年目では松井氏以来の大台

広島 ヤクルト

◆広島2-6ヤクルト◆
ヤクルトの若き四番・村上宗隆が20号の満塁弾を放ち、チームを14カードぶりの勝ち越しに導いた。高卒2年目の20号到達は、1994年の松井秀喜(巨人)以来。

「四番・一塁」でスタメン出場した村上は、初回一死一、二塁の第1打席で中前に先制適時打、五回二死満塁の第3打席で初の満塁本塁打を右翼席に叩き込んだ。

村上は本塁打については「何とかもう1点取りたいと思って打席に入りました。これまでチームに迷惑をかけてきて、バッティングでもチャンスに打てずに来ていた。今日は何とか打ちたいと思って臨んでいたので、結果が出たのは良かった」とコメントした。一方で、松井氏に並んだことについては「そこに肩を並べるほどの実力じゃないので、これからもっともっと練習して頑張りたいと思います」と控えめだった。

松井氏以降の主な高卒左打者の2年目の成績は以下の通りだ。

選手(チーム) 試合数 打席 安打 打率 本塁打 打点 三振
村上宗隆(ヤ) 2019 78 317 63 .230 20 61 98
森友哉(西) 2015 138 531 136 .287 17 68 143
筒香嘉智(De) 2011 40 160 35 .241 8 22 51
松井秀喜(巨) 1994 130 569 148 .294 20 66 101

関連記事