本拠最終戦で痛恨の敗戦、ソフトバンク・工藤監督「シーズンはこれから」

ソフトバンク 日ハム

◆ソフトバンク1-8日本ハム◆
ソフトバンクが投打とも冴えず、日本ハムに完敗、本拠地最終戦を飾ることができず、西武のマジックが3に減った。

工藤監督は試合後に行われた本拠地ゲーム終了のセレモニーで「2019年レギュラーシーズン、今日、ヤフオクドームで最終戦を迎えて、本当に勝ちたかったです。でも負けてしまいましたが、我々のシーズンはこれからだと思っています。残り5試合、死に物狂いで一戦必勝の心をしっかり持って戦っていきたいと思います。そして、ファンの皆さんの期待にしっかり応えられるように『絶対勝つんだ』『絶対日本一になるんだ』という強い気持ちをもってこれからも頑張っていきたいと思います」とあいさつ。残り試合、ポストシーズンでの巻き返しを誓った。

関連記事