本塁打応酬の結末はスクイズ、中日が接戦制す

ニュース 中日 ヤクルト

◆ヤクルト4-5中日◆
中日が本塁打の応酬となったヤクルトとの接戦をスクイズで制した。

二回にビシエド、福田のソロ本塁打、三回にはアルモンテの2ランで序盤は優位に立った。

だが、先発・柳がピリッとせず二回にバレンティン、五回には山田に被弾して同点に追いつかれ、試合は膠着状態に入った。

そして迎えた最終回、先頭の阿部が右前打で出塁し、マクガフのけん制悪送球で二進すると、次の亀沢が送って一死三塁とし、京田が0-1からスクイズを決めた。

本塁打で派手に得点はしたものの、終わってみればわずか6安打。少ないチャンスを犠打、スクイズでものにした。

与田監督は「こういう展開になり、勝たせるために選手達が作戦を上手く決めてくれた」と京田らを労った。

これで中日は4戦連続で1点差ゲームが続き、ここまで2勝2敗。そろそろ打線の爆発を期待したい。

関連記事