有隅審判員が「最優秀」NPB表彰

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ

NPBは11日、今季の「最優秀審判員」に有隅昭二審判員(52)が選ばれたと発表した。

有隅審判員は29年目。最優秀審判員は2度目の受賞。選考理由は「投球判定精度が高く、ストライクゾーンがぶれない。常に冷静で、難しいプレーに対しての決断力がすぐれ、円滑な試合運びが評価された」。

リクエストの成功率も12回中3回。際どいプレーを正確に捌いたと言っていい。
2020「誤審」ランキング 矢野監督ブチギレの…


審判員奨励賞は20年目の牧田匡平審判員(41)。受賞理由は「安定したジャッジ、特に球審での投球判定精度が高く評価された。若手審判員の目標になっており、リーダーの資質を見込み、さらなる飛躍を期待している」。

このほか、ファーム優秀審判員賞は古賀真之審判員(27)、ファインジャッジ賞には、岩下健吾審判員(32)、須山祐多審判員(32)、長井功一審判員(36)、梅木謙一審判員(32)が選ばれた。

文・写真/BBNEWS編集部