曾澤翼は3年6億4000万円「鼻息荒くいきたい」

広島 プロ野球 契約更改

広島の曾澤翼捕手が20日、総額6億4000万円プラス出来高の3年契約を結んだ。

曾澤は今季、正捕手として126試合に出場、打率.277で12本塁打63打点の成績を残し、プレミア12では侍ジャパンの正捕手にもなった。FA権を取得したが「カープが好きだから」と残留を決めた“日本の正捕手”に球団が大型契約で応えた形だ。

会見した曾澤は「大変いい評価をしていただきました」とニッコリ。ただ、今季については「チームの成績が成績なんで、悔しい思いしかない」と振り返った。

そのうえで来季については「本当に優勝をしなくちゃいけない。するんだという強い気持ちを持ってシーズンの最初からやっていければ」と力をこめた。

シーズン途中に行われる東京五輪にも「正直な話出たい。そこはもう鼻息荒くいきたい」と意欲を見せた。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事