早めの継投で広島が快勝、レグナルト16試合無失点

広島 ヤクルト

◆広島9-4ヤクルト◆
広島は先発・野村が今季最短の3回2/3で降板しながらも中継ぎ陣が踏ん張り、逆転で3連勝を飾った。

先発野村は1点リードの三回に雄平・村上の連続適時打で逆転を許す。その裏にバティスタの2ランで逆転して再び1点リードで迎えた四回には、二死から太田に同点タイムリーを許し、さらに四球と安打で二死満塁としたところで降板となった。2番手として登板したレグナルトは、雄平に押し出し四球を与えたものの、村上を三振に打ち取って悪い流れを止める。五回も三者凡退で終えて、味方の反撃を呼んだレグナルトは16試合連続無失点で2勝目を挙げた。

広島はその後も九里、一岡、フランスア、中崎がいずれも無失点。早めの継投策に救援陣が応え、最大で7ゲーム差まで開いていた2位ヤクルトとのゲーム差を1に縮めた。

一方、ヤクルトは対照的に不安定な投球を続けていた先発の原を五回まで引っ張り6失点。救援陣もまんべんなく打ち込まれ大敗を喫した。

関連記事