日本ハムー西武は20年ぶり日没コールド!釧路にナイター設備なく

西武 日ハム

◆日本ハム8-10西武◆
釧路での試合は八回表に、珍しい日没コールドゲームとなった。日没コールドは99年6月20日の近鉄―オリックス戦(札幌円山)以来20年ぶり。

八回、先頭の森が中越えに本塁打を放つと、西川は明らかにボールを追うのが遅く、見失ったと思われた。

審判が集まって協議したのち、森球審が「本試合を日没コールドゲームと致します」とアナウンスした。試合時間は3時間20分。

釧路市民球場はナイター設備がなく、ボールが見にくいために、試合続行は難しいと判断したと見られる。釧路市には濃霧注意報も出ていた。

関連記事
ミス連発に申告敬遠裏目…低調日本ハム、最下位に2差

球界の筋肉王は誰だ!二の腕に注目してみた

【前半戦事件簿】⑤世代№1の座は…日本ハム・清宮の出遅れ