日本ハム・栗山監督無念「本当に大事なゲームだった」

ソフトバンク 日ハム

◆ソフトバンク8-4日本ハム◆
3失策が全て失点に繋がり逆転負けした日本ハムは、ソフトバンクと4.5ゲーム差になった。

栗山監督は無念をにじませた。「ウチにとって、本当に大事なゲームだった。勝ちきれなかった。(ミスも)現実として、全部のみこんでやっていかないといけない。しっかり受け止めてやっていかないと」

4-6の八回に選択した、申告敬遠も裏目に出た。一死二塁で代打・長谷川を迎え、2-0となったところで栗山監督は玉井に申告敬遠を指示。一死一、二塁となり、松田は一ゴロに打ち取るが、福田に2点適時打を浴びて突き放された。

八月は1勝7敗。残り2戦はもう落とせない。

関連記事