日本ハム・有原が15勝目、最多勝ほぼ手中も「試合まだ残ってるんで」

ソフトバンク 日ハム

◆ソフトバンク1-8日本ハム◆
日本ハムの有原が先発で7回を2安打1失点に抑え、リーグトップの15勝目(8敗)を挙げた。

2位のソフトバンク・千賀(13勝)に2勝差をつけ、初タイトル獲得がほぼ確実になった。

初回、先頭打者に四球を出したものの、その後は危なげない投球で五回二死まで無安打投球。七回に松田宣にソロ本塁打を許したが、いい当たりはほぼこれだけ。7回を91球で投げ切った。

お立ち台では「宇佐見がいいリードしてくれて、ベンチで賢介さんがアドバイスくれたのでいいピッチングができたかなと思います」と、女房役と今季での引退が決まっている田中賢介に感謝した。その田中賢介の地元・福岡での最終戦に「何とか勝ちたいと思っていたので良かった」とほっとした表情を見せた。最多勝については「試合まだ残っているんで頑張ります」とクールな表情を崩さなかった。

パ・リーグ最多勝争い

順位 名前 チーム 勝敗
1 有原航平 日本ハム 15勝8敗
2 千賀滉大 ソフトバンク 13勝7敗
3 山岡泰輔 オリックス 12勝4敗

関連記事