日本ハム・吉田輝星3回6失点KO「パワー負けしました」

日ハム ロッテ

◆日本ハム4-9ロッテ◆
日本ハムのドラフト1位・吉田輝星が先発し、2回0/3を投げて5失点で2敗目を喫した。

6月23日の中日戦(ナゴヤドーム)以来、プロ3試合目の登板だったが、初回から捕まった。

荻野にはフルカウントから147キロ直球を先頭打者本塁打とされた。続くマーティンもフルカウントまで追い込みながら四球。

鈴木には2ラン本塁打を右翼席へ叩き込まれ、この回だけで3失点。

その後は3者連続三振も、二回に再び荻野に2ランを被弾。三回の先頭打者・鈴木に中前打を打たれたところで、計62球で降板した。

4奪三振が収穫との報道もあったが、そうだろうか。ストレートを2本塁打され、力負け。スライダーも荻野に本塁打された。力不足は明白だ。

吉田輝は「どの球種も練習通り、いい感覚で投げられたボールはあったのですが、そのいい感覚のボールの割合が低かったと思います。初回の立ち上がりはストレートを狙われていたのですが、変化球でストライクを取ることができませんでした。そこを狙われてパワー負けしました」とコメントした。

関連記事