日本ハムがソフトバンクを3タテ、栗山監督「チャンス出てきた」

ソフトバンク 日ハム

◆ソフトバンク0-4日本ハム◆
パリーグの灯を消さない。

日本ハムは中4日で登板したエース有原が8回無失点でリーグ最速の10勝目。ソフトバンクに3連勝し、ゲーム差を4に縮めた。

「チームに感謝したい。次も頑張ります。ボール自体はコントロールに苦しんだ部分があったけど、キャッチャーの配球や野手のみなさんに守ってもらえた」。

得点圏に走者を進めたのは初回と五回だけ。114球で2安打と、抜群の出来だった。

12日のオールスター第1戦に登板し、中4日だったが「8回は絶対に投げたいと思っていた絶対に負けられない試合だと分かっていた」とエースの自覚をにじませた。

「チャンスが出てきたことは間違いない。勝負はここから」と栗山監督。グラシアルとモイネロがキューバ代表の試合で離脱する、ソフトバンクの背中が見えてきた。

関連記事