日本シリーズ進出を決めた巨人・原監督「タイガースは脅威でした」

巨人 阪神

◆巨人4-1阪神◆
巨人が阪神に逆転勝ち、アドバンテージを含め4勝1敗として日本シリーズ進出を決めた。本拠地で胴上げされて10度宙を舞った原監督は勝利監督インタビューで「我々の目標はあと一ヤマ、日本シリーズに勝つこと」と地方強く宣言した。

【原監督インタビュー】
――おめでとうございます
「ありがとうございます。まあ、やっぱり本拠地で一つのヤマを越えられたのは格別です。本当にジャイアンツファンの皆さんありがとうございました。そしておめでとうございます。一年間戦った阪神タイガースのファンのみなさん、本当にありがとうございました。後半のタイガースの戦い方、そしてファーストステージの戦い方、それとクライマックス。チームが一丸となってくる勢いというのは、大変脅威でした。勝つことができ、そしてセントラルリーグを代表して日本シリーズに出場権を取ったというのは、非常に価値があることだと思います。本当にありがとうございます」

――二死三塁からセーフティバントで勝ち越し
「サインではありませんが、丸自身が状況の中、フォアザチーム、チームが勝つという事を一番に掲げて野球を四月からやってきました。その部分の確率の一番いい野球を本人が選んでくれたという意味では、ベンチもビックリしましたし。まあ、全員が勝とうという気持ちが集約されていたと思います」

――四番岡本はこのシリーズ3本塁打
「いやー、間違いなくこのシリーズのMVPだと思います。非常に頼もしく、少し大人になったなという感じがしますね」

――台風19号の影響が残る中、これだけの大観衆に日本シリーズ進出を見せられた
「今回の台風で被災されたみなさまにはお見舞い申し上げます。しかし、また、今日この日にですね、これだけ多くのファンの方が集まっていただき、見守っていただき、応援していただき、そして多くのジャイアンツファンがですね、テレビの画面を見てですね、狂喜乱舞、万歳をしてくれていることに対してはですね、ジャイアンツを代表して本当にありがとうございます」

――日本シリーズではソフトバンクとはどう戦う
「まだ全く頭の中は真っ白です。しかし、我々の目標はあと一ヤマ、それは日本シリーズで勝つことです。その目標に向かって全力で、そしてこれだけのジャイアンツファンの方がいらっしゃるわけですから、勇気をいただいて戦ってまいりたいと、いう風に思っております

関連記事