日ハム打線組み替えも7連敗、栗山監督「もう1本もクソも」

日ハム ロッテ

◆ロッテ2-0日本ハム◆
日本ハムは、中田をスタメンから外し一番に大田を据えるなど打線を大幅に組み替えたが、今季11度目の完封負けを喫し連敗が7に伸びた。

一番に大田、二番田中、三番西川、四番近藤という新オーダーは機能しなかった。五回には一死一、二塁で大田が併殺打、六回には無死一、二塁で近藤が併殺打に倒れ、好機をつぶしてしまった。

好機は作っても「あと1本」が出ずに完封負け。だが、栗山監督は「もう1本は関係ない。ずっとそうなので。もう1本もクソも。勝ちきれるかどうかなので」と吐き捨てた。

関連記事