日ハム・堀の2試合連続先発は成功したけれど…斎藤が誤算2敗目

オリックス 日ハム

◆日本ハム0-5オリックス◆
日本ハムは「オープナー」として堀が2試合連続で先発、1回を無失点に抑えたが、二回からマウンドに上がった斎藤が3回4失点と誤算だった。

夏の高校野球開幕日に登板したかつてのV右腕・斎藤は、二回は三者凡退、三回は安達に中越え二塁打を浴びるも無失点で切り抜けた。

しかし、四回、吉田正とロメロに連打を許し、中川には死球を与えて一死満塁のピンチを背負うと、西野に犠飛を打たれ先制を許す。さらに次の安達に初球を狙われ、今季1号の3ランを浴びた。

今季2敗目を喫した斎藤に、栗山監督は「1球の意味合いだったり、何を大事に考えないといけないかなので」と厳しい口調。次の登板機会はいつになるだろうか。

関連記事