日ハム・ロドリゲスが危険球退場

オリックス 日ハム 退場 危険球

◆日本ハムオリックス◆
日本ハム・ロドリゲスが9日、六回に福田の頭にぶつけ、危険球退場となった。パリーグ3人目、両リーグ6人目。

149キロのツーシームが福田の側頭部を直撃したが、避けながら当たったのでダメージはなかった。ロドリゲスは2番手として四回から登板。2回2/3で32球を投げて3安打無失点。

日本ハムは加藤がショートスターターとして3回を投げ、四回からロドリゲスが登板。おそらくロドリゲスは六回までの予定だったが、堀が前倒しで登板した。