新打線また不発で5位転落、矢野監督「相手は関係ないんで」

阪神 ヤクルト

◆阪神0-8ヤクルト◆
またしても矢野監督の打線改造が裏目に出て、阪神が今季14度目の完封負けを喫した。

この日は福留を休養させ、「二番・中堅」に植田を抜擢、近本を三番に据えた。さらに捕手の補殺数の日本記録まであと3に迫っている梅野を休ませ、坂本を八番で起用した。

だが、その新打線が全くつながりを欠いた。11日に5回6得点でKOした小川を相手に、9安打を放ちながらもあと1本が出ず、この試合前の時点で防御率5.00の小川に屈辱の完封負けとなった。

これで阪神は中日に抜かれて5位転落となったが、矢野監督は試合後「ここまで来たら相手は関係ないんで、僕たちの野球を精いっぱいやるだけですね」とさばさばした表情で語った。

関連記事