新庄剛志列伝①「毎日が日本シリーズなら…」勝負強さ抜群

話題・エンタメ プロ野球 スポーツ 日ハム 企画・連載

新庄剛志氏が3月20日の開幕までにプロ野球に復帰することを宣言した。タイムリミットは約40日。数々の伝説や名言にスポットライトを当てる。

新庄氏は生粋のスーパースター。舞台が大きくなるほど、輝きを増す。

現役ラストイヤーの06年は、開幕前に引退を宣言。日本ハムにとって44年ぶりの日本一で幕を閉じた。「マンガみたい。出来過ぎ」と本人も振り返った。シーズンでは打率.258に終わったが、ポストシーズンでは打率.348を記録。有終の美を飾った。

勝負強さを表すエピソードはまだある。00年の日米野球では、打率.409。メッツからオファーを受け、大リーグへ移籍するきっかけとなった。因みに、メジャー3年間の満塁時の打率は.450もあった。

「毎日が日本シリーズなら4割打てる」。06年の日本シリーズで言った。新庄氏は48歳。現実的には、アラフィフの選手を戦力として欲しがるチームはないだろう。だが、この男なら…と期待させるのが新庄氏だ。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS・instagramより

関連記事