斗山ベアーズが6年連続シリーズ進出【韓国プレーオフ】

スポーツ 阪神 KBO(韓国プロ野球)

韓国プロ野球(KBO)の「プレーオフ」は13日、第4戦が行われ、斗山ベアーズが2-0でKTウィズを下し、6年連続の韓国シリーズ進出を決めた。

斗山は先発のユ・ヒグァンが立ち上がりに3連打を浴びたところで早々に諦め、2番手キム・ミンギュを送ったが、これが大正解。五回まで1安打無失点の投球を見せた。キム・ミンギュはシーズン中もKT戦に8試合に登板して防御率0.60と「KTキラー」ぶりを見せていた。

打線は四回に五番チェ・ジュファンが2ランを放ち先制。これが決勝打となった。

斗山はこれでプレーオフを突破。17日からNCダイノスと韓国シリーズを戦う。

一方、オリックスなど複数のNPB球団が獲得に関心を寄せるKTのロハスはこれで今季の全日程を終えた。争奪戦が本格化しそうだ。

文/BBNEWS編集部 写真/instagram、KBO公式サイトより

関連記事