故障者続出のヤクルト、巨人に逆転勝ちでカード勝ち越し

巨人 ヤクルト

◆巨人1-4ヤクルト◆
手負いの2位ヤクルトが逆転勝ちで首位巨人に連勝し、1ゲーム差に迫った。

ヤクルトはコンディション不良で山田がスタメン落ちし、11日にスタメン落ちした青木はベンチ外。上半身のコンディション不良で二軍落ちしているバレンティンと併せて主力3人が不在の緊急事態で、19歳の村上を四番に据えた。

この日は1点を追う三回無死一塁に、山崎が右中間を破る同点適時三塁打。さらに雄平が右中間フェンス直撃の勝ち越し二塁打を放ち、途中出場の川端も右前適時打。この回に3点を奪って逆転。2点リードの九回には、太田の適時打で追加点を挙げた。

小川監督は「うまくつないで効果的なタイムリーが出た。脇役の活躍は貴重になる。チャンスはたくさんあるので、結果が出れば次につながってくる。こういう状況の中で、今の巨人に勝ち越したのは大きいと思います」。

ただ、西浦も負傷で途中交代するなど、今後も不安はつきまとう。