故障者相次ぐ西武、今度は岡田が左親指負傷で抹消

西武 怪我

西武は、岡田雅利捕手が左手親指の靭帯を損傷したと診断され、出場選手登録を抹消すると発表した。西武は怪我人が相次いでいる。

岡田は4日のオリックス戦の守備で、クロスプレーの際に負傷し、交代していた。

代わって12年目の中田祥多が登録される。中田は今季未出場で、通算10試合の出場。

西武は、盗塁数両リーグトップの金子侑司が1日に死球を受け、右大腿骨骨挫傷で2日に登録抹消。

源田も左太もも裏の張りで2日に途中交代、3日の試合を欠場。中村も右足の甲の痛みで3日に途中交代し、4日の試合を欠場した。

関連記事
【チーム防御率悪化に責任も?意外と微妙な西武の正妻・森の立場】

関連記事