投手・今宮健太が140キロ、スライダーも「エグ」

エンタメ・話題 ソフトバンク

宮崎での秋季キャンプに参加しているソフトバンク・今宮健太がブルペンに入って投球練習を行い、140キロを記録したという。広島OBでアンダーアーマー社員の喜田剛氏がインスタグラムに投稿した。

今宮は大分・明豊高時代は甲子園に出場し、投手として150キロを超えるストレートを投げていた。今も記憶している方は少なくないだろう。この日は抑えの森唯斗が捕手を務めた。

ブルペンに入るのは今キャンプ2度目で、下半身を強化するため。「体重移動とか下半身の使い方の確認とかですね」と話している。

今宮はアンダーアーマーの契約アスリートで、喜田氏は今宮以外にも柳田悠岐や松田宣浩の動画や写真をSNSに投稿している。

今宮本人も数時間後、インスタグラムとツイッターに動画を投稿した。

関連記事