打線改造も効果なく、広島ついに貯金1

広島 ヤクルト

◆広島2-7ヤクルト◆
広島が最下位のヤクルトを相手に同一カード3連敗を喫し、連敗が5に伸びた。最大で14あった貯金はついに1となり、借金生活への逆戻りも見えてきた。

菊池涼を一番、二番に西川、三番メヒアとするなど、この日も大幅に打線を入れ替えた。しかし、新打線は機能しないどころか、併殺打3本で好機をつぶし、得点は遊ゴロと押し出し四球による2点どまり。

これで首位巨人とのゲーム差は6に広がり、3位DeNAには0・5差まで詰められた。緒方監督は「なかなか地元で勝てなくて、ファンの方には申し訳ない。選手は諦めず最後までやっているので、切り替えてまた明日頑張ります」と足早に球場を後にした。

関連記事