成功してもゲームセットなのに…与田監督が“無駄な抵抗リクエスト”

エンタメ・話題 DeNA 中日

◆中日1-2DeNA◆
よほど7連敗が受け入れ難かったのか…。中日・与田監督が最終回、ゲームセットの場面で無駄なリクエストをして抵抗した。

九回裏二死二塁、与田監督は堂上に代えて代打・遠藤を送ったが、ボテボテの当たりの一塁ゴロに。遠藤はヘッドスライディングを見せたがあえなくアウトとなった。

その後、一塁ロペスは“念のため”か本塁に送球、本塁を狙った二走・亀沢も4つ目の「アウト」となった。

だが、与田監督はここで一塁の判定にリクエストした。仮に一塁がセーフとなっても亀沢のアウトでゲームセットには変わらないため、ラミレス監督が出てきて何のためのリクエストなのかを確認する事態に。

リプレー映像では、一塁は明確にアウトで、すぐにゲームセットがコールされた。文字通りの「無駄な抵抗」だった。

試合後、与田監督は「私の采配。勝たせられない。選手は一生懸命臨んでいる。結果が出る策を練り続けないと」と悔しさをにじませたが、次はファンがうなるような“策”が期待される。

関連記事