延長戦に弱い?中日がまた惜敗、与田監督「どうやって結果を出すか」

中日 広島

◆中日4-5広島◆
中日は九回、3点差を追いついて延長戦に持ち込んだが、延長十回に守護神・岡田が1点を失い、惜しい星を落とした。

十回、一死から鈴木に二塁打を打たれたところで、与田監督はメヒアの申告敬遠を指示。次の安部にストレートの四球を与え、一死満塁から曾澤に決勝の適時打を浴びた。岡田はこれでこの試合が3連投目だった。

今季は延長戦で1勝5敗2分と接戦での競り負けが多い。与田監督は「使っているのはこちら。岡田に限らず選手も疲労は出ているが、他球団も同じ。その中でどうやって結果を出していくのか、勝てる采配をするのか。そこに尽きる」と反省した。

関連記事