広島敗れCSは阪神次第に、緒方監督「監督の責任です」

中日 広島

◆広島1-4中日◆
勝てばCS進出が決まる最終戦で広島が中日に敗れた。CSへの進出は阪神の残り3試合次第となった。

同点で迎えた七回、先発・ジョンソンが二死から木下拓に適時打、堂上に2ランを許し、3点を奪われた。打線は中日の先発・小笠原を打ちあぐね、五回にワイルドピッチで上げた1点に抑えられた。

広島はこれで70勝70敗3分の五割で今季を終えた。

試合後に行われたセレモニーで緒方監督は「今シーズンのこの結果、ファンの皆様の期待に応えることができなかったのは監督としての責任です。そして今日の最終戦も勝つことができず、順位を確定することができず、本当に申し訳ありません」と謝罪。さらに「この経験、悔しさをもって、来季のペナントを奪回できるように、チーム一丸となって頑張ってまいります」と巻き返しを約束した。

関連記事