広島・長野は残留に「もちろん」、巨人復帰は見送り

広島 ストーブリーグ

広島の長野久義外野手は1日、海外FA権を行使せずに残留すると表明した。

長野は昨オフ、巨人にFA移籍した丸の人的補償で広島に移籍。今季は二軍落ちも経験するなど、プロ入り後最少の72試合出場にとどまっており、出場機会を求めて古巣・巨人への復帰など、FA権を行使するかが注目されていた。

長野はこの日、球団との交渉後に残留かを問われて「もちろん」と回答。今季を「チームが勝てなかったことがすごく悔しいですし、個人的にもふがいないシーズンでした」と振り返り、広島での巻き返しに意欲を見せた。

関連記事