広島・長野が本拠初お立ち台で「遅くなって申し訳ない」、緒方監督「あれぐらいは」

ニュース

◆広島3-2阪神◆
広島・長野が攻守で活躍、CS進出を争う阪神にカード勝ち越しを決める大きな1勝に貢献した。

マツダスタジアムを沸かせたのは、まず守備から。0-0の三回、先頭の木浪が放った左翼線へのライナーをスライディングキャッチ。マウンドのジョンソンも思わず帽子を取って謝意を示した難しい打球だった。

その裏の攻撃では二死満塁で打席に立つと、阪神の先発・岩貞の低めチェンジアップを捉えて先制の2点適時打。四番での起用に応えた。

本拠地で初となったお立ち台では「遅くなって申し訳ない気持ちしかない」と謝罪したが、先制打の場面を「二死からつないでくれて。いい所に転がってくれた」と振り返り、また大歓声を浴びた。

緒方監督も「チョーさんのタイムリーが大きかった」と感謝、三回の好守も「もともと三拍子揃った選手。あれぐらいはやってくれる」と称えた。

関連記事