広島・松山の頭部に死球、DeNA平田が危険球退場

DeNA 広島 危険球退場

◆広島9-2DeNA◆
広島が大勝し、今季初のカード勝ち越しを決めたが、松山竜平が頭部に死球を受け、救急搬送されるという場面があり、球場内が騒然とした。

松山は八回裏一死三塁の場面で代打で登場したが、DeNAの平田が投じた初球の直球がヘルメット右側を直撃した。松山はその場で倒れて動けなくなり、担架で運び出された。

平田は危険球で退場処分となった。

関連記事