広島・塹江が危険球退場、今季13人目

中日 広島 危険球

◆中日10-4広島◆
広島の3番手・塹江(ほりえ)が八回、京田の頭部に死球をぶつけ、危険球で退場した。今季セ・リーグ7人目、両リーグ13人目。

七回から登板した塹江は2イニング目の八回、大島に安打を許し一死一塁としたところで、京田への初球が抜け球となり頭部へ。いったんは通常の死球と判定されたが、与田監督のリクエストによるリプレー検証の結果、危険球と認められ、退場が宣告された。ボールは京田のヘルメットつば付近をかすめていた。

広島は塹江退場を受け、中崎が緊急登板、ビシエドの2点適時打を浴びた。