広島・佐々岡監督に厳重注意、交代告げず

NPB(プロ野球) スポーツ 広島 ヤクルト

プロ野球の斉藤惇コミッショナーは5日、広島の佐々岡監督に厳重注意の制裁を科したと発表した。4日のヤクルト戦(東京ドーム)で、球審に選手交代を通告するのを怠った。

佐々岡監督は八回裏の守備で、投手をバードから森浦、左翼手を西川から上本に代えた。だが、上本への交代を告げなかった。イニングの途中で森浦からケムナへの交代を告げる際に、「すみません。レフトも(八回の)頭から代わっていました」と事後報告した。

広島の鈴木球団本部長は「球団としては監督に『きちっとこれを忘れないようにしましょう』と注意喚起しました」と述べた。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事