広島・佐々岡新監督に人気バンド「TUBE」が贈った曲…新曲もリクエスト

話題・エンタメ 広島

広島・佐々岡真司新監督に、人気ロックバンド「TUBE」のボーカル・前田亘輝がエールを贈った。

31日に横浜市内で行われたファンクラブ向けのライブのMCで、広島県出身のミュージシャンが多いという流れから、「佐々岡監督は(髪型が)山本浩二さんの匂いがプンプンする、ピッチャー上がりだけど。非常に自由で面白い真面目な青年」とカープの話題に。

08年にTUBEがリリースしたシングル「蛍」に収録されている「OLD BASEBALL MAN」は、現役時代から付き合いのある佐々岡監督のために、前田とギタリストの春畑道哉が書き下ろしたという。

07年にフジテレビの野球中継のテーマ曲に使用された。引退が間近に迫ったベテラン選手が野球に賭ける思いを描いている。結果的に07年が、佐々岡監督の現役最終年となった。前田は「話題にしてくれと言ったら、佐々岡は任せて下さいと言ったのに、ちっとも話題にならなかった。今回もカープのために(新曲を)書いてくれないかと言われた」と明かした。

TUBEは野球との関わりが深く、1998年以降、フジテレビの野球中継に春畑が作曲した「JAGUAR」「JAGUAR ’08」「JAGUAR ’13」が使われ、野球ファンにはお馴染みとなっている。

また、登場曲に西武・外崎修汰がTUBEの「Miracle Game」、木村文紀が「ひまわり」、楽天・銀次が「傷だらけのhero」、オリックス・近藤大亮が「WINNERS HIGH」を使用している。