広島コロナ17人入れ替え、菊池涼・小園ら陽性

NPB(プロ野球) スポーツ 広島 怪我・体調不良

広島の菊池涼介内野手(31)、小園海斗内野手(20)、正随優弥外野手(25)の3選手が17日、新型コロナウイルスで陽性となった。保健所の調査では濃厚接触者はいなかったが、広島は18日、3選手を含む8選手の出場選手登録を抹消。河田雄祐ヘッドコーチ(53)、朝山東洋打撃コーチ(44)とトレーナー1人も自宅待機とした。この日の巨人戦では森笠繁2軍打撃コーチ(44)がベンチ入りする。

巨人戦に先発するため登録された大瀬良大地投手(29)も含めると、一日で大量17選手の入れ替えとなった。コロナ絡みでの入れ替えは以下の通り。

【登録】
白浜裕太捕手(35)
中村奨成捕手(21)
三好匠内野手(27)
矢野雅哉内野手(22)
林晃汰内野手(20)
アレハンドロ・メヒア内野手(28)
野間峻祥外野手(28)
宇草孔基外野手(24)

【抹消】
菊池涼介内野手(31)
小園海斗内野手(20)
正随優弥外野手(25)
磯村嘉孝捕手(28)
石原貴規捕手(23)
松山竜平外野手(35)
西川龍馬外野手(26)
大盛穂外野手(24)

球団によると、菊池涼が17日に39.8度の発熱の症状が出て、陽性が判明。一軍選手、コーチ、スタッフ計74人にPCR検査を実施したところ、小園と正随の陽性が確認された。



菊池涼はここまで全39試合に出場して打率.342、5本塁打、14打点でリーグ首位打者。小園は4月23日に一軍昇格後、17試合で打率.360、7打点という成績で、16日にはプロ初の五番でスタメン出場、2安打を放っていた。

チームはここまでリーグ5位の119得点と得点力不足に悩む中、打撃好調な一番・五番打者が離脱する緊急事態となった。

文・写真/BBNEWS編集部

◆菊池涼介
背番号 33
カナ キクチ・リョウスケ
出身校 中京学院大
誕生日 1990年3月11日
年齢 31
血液型 A
身長 171
体重 68
所属履歴 武蔵工大二―中京学院大
キャリア 10年
投打 右右
ドラフト年度 11
ドラフト順位 2
公式戦初出場 12年6月30日DeNA=マツダ
年俸 3億円
昨季年俸 3億円
タイトル (安)16(ベ)17、20(ゴ)13~20
家族 既婚

◆小園海斗
背番号 51
カナ コゾノ・カイト
出身校 報徳学園
誕生日 2000年6月7日
年齢 20
血液型 AB
身長 178
体重 84
所属履歴 報徳学園(甲)
キャリア 3年
投打 右左
ドラフト年度 18
ドラフト順位 1
公式戦初出場 19年6月20日ロッテ=マツダ
年俸 800万円
昨季年俸 1000万円
家族 既婚

◆正随優弥
背番号 49
カナ ショウズイ・ユウヤ
出身校 亜大
誕生日 1996年4月2日
年齢 25
血液型 A
身長 180
体重 98
所属履歴 大阪桐蔭(甲)―亜大
キャリア 3年
投打 右右
ドラフト年度 18
ドラフト順位 6
公式戦初出場 20年9月8日ヤクルト=マツダ
年俸 750万円
昨季年俸 700万円
家族 独身

関連記事