広島また抑え崩壊 一岡、満塁被弾

NPB(プロ野球) スポーツ 広島

◆DeNA9-6広島◆
広島の今季3人目の「守護神」一岡がまさかの5失点でサヨナラ負けを喫した。

2点リードの九回、23日から三代目に就任した一岡がマウンドに。だが、先頭の柴田に死球、次の山下に四球を与え、無死一、二塁のピンチを背負うと、梶谷には左前適時打で1点差とされ、オースティンにも四球で無死満塁に。次のロペスは一飛に打ち取ったが、佐野にグランドスラムを浴びた。

佐々岡監督はこの日の一岡の投球に「気持ちが強くないと」と苦言を呈した上で、不振の救援投手陣については「いるメンバーでやるしかない」と話した。

広島は今季、抑えに新助っ人のスコットを据えて開幕したが、セーブ失敗を繰り返して抹消。代役の菊池保も2試合連続でセーブに失敗して配置転換。ここまでチームでセーブに成功したのは2回だけという大不振で、低迷の一大要因となっている。

文・写真/BBNEWS編集部

◆一岡竜司
背番号 30
カナ イチオカ・リュウジ
出身校 藤蔭
誕生日 1991年1月11日
年齢 29
血液型 O
身長 179
体重 81
所属履歴 藤蔭―沖データコンピュータ教育学院-巨人
キャリア 9年
投打 右右
ドラフト年度 11
ドラフト順位 3
公式戦初出場 12年5月16日オリックス=東京ドーム
年俸 7300万円
昨季年俸 7700万円
家族 既婚

関連記事