広島が小技連発で一挙4点!七回の攻撃に原監督嘆く

巨人 広島

◆巨人2-8広島◆
広島が1-1の七回にバントを絡めて一気に4点を勝ち越した。

先頭のメヒアが二塁打で出ると、田中のバントは小フライとなったが、巨人・小林が捕球出来ずに内野安打となり、無死一、二塁に。

3-1から野村の代打・磯村がバスターエンドラン。これが決まって左前適時打となり、勝ち越した。

さらに西川の三塁前へのバントは一塁アウトの判定になるも、緒方監督のリクエストが成功して内野安打となり、満塁に。菊池の適時打、鈴木の2点適時打で加点した。

田中、西川のバント内野安打と、磯村のバスターエンドラン。小技を多用した鮮やかな攻撃だった。

一方、小技を決められた巨人・原監督は「3度のバントケースを全部セーフにしてしまう。このへんはやっぱりミスでしょうね」と嘆いた。

関連記事