広島が小技大技で効果的な得点、緒方監督「こちらの流れに」

DeNA 広島

◆広島4-1DeNA◆
広島が足技と一発でDeNAに快勝。6カード連続の勝ち越しで、DeNAとのゲーム差を再び0・5に詰めた。

0-0で迎えた四回。菊池涼の二塁打と四球で一死一、三塁とし、打者松山の4球目に一走・鈴木がスタート。捕手嶺井が二塁に送球すると三走・菊池涼が本塁に突入。重盗を決めて先制点を奪った。

五回には一死一、二塁からバティスタがスタンド上段に届く特大の3ランで追加点を奪った。バティスタは自身最多の26号。

緒方監督は「先制できたし、バティスタの3ランでこちらの流れになった。(野村)祐輔にとってもいいホームランになった」と、上機嫌だった。

関連記事