広島「最低勝率」も…③小園に犠打、僅か2安打

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 広島

◆広島2-3西武◆
広島はミス連発で逆転負けを喫し、8連敗となった。交流戦は2試合を残して2勝11敗3分。1勝も出来なければ15年にDeNAが記録した最低勝率.176を更新する。

打線はブルペンデーの西武投手陣にわずか2安打に抑え込まれた。

八回、先頭の羽月が四球で出塁し、チームで最も打率の高い三番・小園が打席に入った場面で、佐々岡監督は犠打を選択。一死二塁としたが、鈴木、坂倉が凡退して無得点。九回は一死から林が敵失で出塁したが、代打・会沢がニゴロ併殺。あっさり終了した。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事