広島「前進守備」に疑問 九回二死から2失点

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 広島

◆広島0-4巨人◆
謎のシフト。広島は2点ビハインドの九回二死二、三塁で前進守備を敷いたが、大道が亀井に左翼・正随の頭を越す二塁打を浴び、致命的な2点を追加された。


通常の守備体型であれば捕球できるケース。解説者も疑問を呈した。

NHKでは和田一浩氏が「打ち取った打球。結局はポジショニング、二塁ランナーの関係で前進守備をして頭を抜かれた」「本当にチームの流れというか、すごく悪循環」

藤川球児氏は「2アウトなら二塁ランナーは関係ない」「外野を下げる場面です」と指摘した。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事