広島、自力V消滅「関係ない」佐々岡監督

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 広島

◆阪神3-0広島◆
広島が今季9度目の0封負けで連敗を喫し、自力優勝の可能性が再び消滅した。

先発・大道が3回3安打4四球2失点で降板、試合を作れなかった。中継ぎ陣は粘ったが、打線が阪神先発の秋山から好機を作りながらも打ち崩せず、後半は継投策でかわされた。

「ヒットが出ているけど、あと1本というところで、秋山くんにうまくかわされた」と、貧打を嘆いた佐々岡監督だが、自力V消滅には「関係ない。1戦1戦やるだけ」と言葉少なだった。

東京五輪の金メダリスト4人を擁しながら、その勢いを取り込めずに後半戦は負け越しスタート。監督がペナント争いを「関係ない」と言い切ってしまう現状、選手のモチベーションが心配だ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事