広島、ドラ1森下と“史上最高年俸”で仮契約

広島

広島がドラフト1位指名した明大・森下暢仁投手と契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円で仮契約した。年俸1600万円は新人としては過去最高。

年俸の上限額は従来の1500万円から改訂された。森下が新制度適用の一番乗りを果たした。

佐々岡監督は「監督に就任してすぐビデオ見た瞬間に僕はもう決めましたんで。それだけ素晴らしいと思っている。うちの先発ピッチャーに若いピッチャーが多く、明治大学の先輩である野村もいる中で、その中に入ってもらって、みんなで競争してローテーション入って欲しい」と森下を評価している。

関連記事