帰ってきた原口「野球はやっぱ楽しいですね!最高です!」

阪神 中日

阪神・原口文仁が8日、ウエスタンリーグ・中日戦に代打で出場、昨年10月13日の中日戦以来207日ぶりに公式戦に戻ってきた。

原口は1-1の同点で迎えた八回裏、代打で登場。伊藤準から右中間方向へ大きな当たりを放ったが、右翼の藤井がこれを好捕、右飛に終わった。それでも、スタンドからはこの日一番の拍手を浴びた。
試合後のマイクパフォーマンスに立った原口は「野球はやっぱ楽しいですね!最高です!」とファンにあいさつ。再び大きな拍手を浴びた。

原口は、今年1月24日に大腸がんであることを公表し、同31日に手術を終えたことを報告。リハビリを経て、3月7日に鳴尾浜でのトレーニングに入り、4月16日から屋外でのフリー打撃を開始、今月7日に二軍の全体練習に合流していた。

関連記事