巨人Vに阪神・矢野監督「それが現実なので仕方ない」

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神 DeNA

◆DeNA3-3阪神◆
阪神が勝利目前で同点に追いつかれ、巨人の“5連敗引き分け優勝”をアシストした。

1-3と2点リードの九回、守護神・スアレスがロペスに同点2ランを被弾。十回の攻撃では先頭の木浪が四球で出るも、代走・熊谷が牽制に誘い出されて走塁死するなど、拙い攻撃で勝ち越し機を逃した。

巨人の優勝決定後、矢野監督は「それが現実なので仕方ないし、オレらの力不足。もちろんオレが指揮を執らせてもらっている立場なので、責任というか。特に大きく負け越したので。今シーズンもずっと悔しい思いをしているので、それをどうするかは俺を含めてジャイアンツとどう戦うかはチームの課題やったし、どういうところがジャイアンツが上で、うちはまだまだ成長していかなければダメだとよくわかったシーズンなので。それはしっかり受け止めていかないと」と振り返った。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事