巨人9連敗「正しい姿勢」原監督、借金1に

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 ヤクルト

◆ヤクルト8-7巨人◆
巨人は9連敗で借金1。10戦ぶりに3点以上を取ったが、投手陣が踏ん張れなかった。坂本、岡本、中田にそれぞれ一発が出たが、4本塁打を浴びた。

原監督は打線について、「ねえ!何か少し動きましたね」と喜んだ。

一方で、大量失点に反省した。
「今日は8点か、取られたのがね。9点取らなきゃならない、やっぱりな」
「まあ、したがってこういう形になったということでしょうな」
「一つ言うならば、やっぱりホームランをちょっと打たれ過ぎたかなというところはある」

さらに、こう続けた。
「8点取られたら9点取らなきゃ。取られたらね。という部分で、いま一歩だったというところですね」

前夜は「ファンのために」と巻き返しを誓ったが、この夜は健闘したと自負しているようだ。
「今日はそういう意味では、結果的には、9点取れなかったからこういう形になったけれども、姿勢としては非常に正しい姿勢だった。必死にやっていた」

9月は6勝14敗5分け。10月は2勝9敗2分け。終盤戦に、合わせて15の負け越し。これで「正しい姿勢」と言うのは情けない。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事