巨人8人リレーで逃げ切り、大竹がマツダで通算100勝「感慨深いものが…」

巨人 広島

◆広島7-8巨人◆
巨人は抑えの中川をコンディション不良で欠く中で、一度も追いつかれることなく、8投手のリレーで逃げ切った。

山口が3点リードの四回に無死二塁としたところで降板。山口を含めベンチ入りした9投手のうち、出番がなかったのは宮國だけだった。

九回は中川でなくデラロサがマウンドへ。一死から2連打で一、三塁となり、内野ゴロで1点を返されて一打同点のピンチを迎えたが、バティスタを空振り三振に仕留めて2セーブ目を挙げた。

勝ち投手は5番手の大竹で、打者4人を抑えて今季3勝目。古巣を相手に通算100勝の節目に到達した。

大竹はヒーローインタビューで「マツダでは接戦が多いので、勝って良かったです。18年目でやっと勝てたなと思います。全ての人に本当に感謝しています。違う思いもこみ上げてきて、感慨深いものもあります」と話した。

関連記事