巨人 東京ドームに「枡席」

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 巨人

巨人は今季新たに、東京ドームバックネット裏後方2階コンコースに、グループ観戦ルーム「MASU SUITE(マススイート)」を8室作る。日本の伝統的なグループ観客席である「枡席」がコンセプトだ。

仲間内や取引先とリラックスして野球観戦を楽しめるプライベート空間を提供するという。壁で仕切られた半個室内にはグラウンドに面したカウンター席、ソファやテーブル、テレビモニターを設置するほか、備え付けのタブレットでの飲食のご注文、デリバリーサービス利用も可能となる。

料金は1室ごとの金額で、各部屋の定員分のオードブル料理、応援グッズと、ビール1樽(10リットル)分の代金が含まれる。申し込み受付は2月7日(金)からシーズンシート契約者向けに先行実施。空室がある場合、一般向けに案内する。

【料金】 ※定員分のオードブル料理・応援グッズ、ビール1樽(10リットル)代を含む。いずれも税込
10人部屋(1室): 1試合40万円/20試合プラン760万円/63試合プラン2,079万円
9人部屋 (3室): 1試合36万円/20試合プラン684万円/63試合プラン1,871万1,000円
7人部屋 (4室): 1試合28万円/20試合プラン532万円/63試合プラン1,455万3,000円

文/BBNEWS編集部 写真/巨人HPより

関連記事