巨人阿部が400号「まだまだ頑張ろうと」

巨人 中日

◆巨人6-5中日◆
巨人・阿部が通算400号となる今季1号を放った。史上19人目。巨人は記念の試合をサヨナラ勝ちで飾った。

阿部は五回から代打で出場し、同点の六回に中日の田島から右翼へソロアーチをかけた。阿部は「打ったのはシュート。狙ってはいないけど、甘い球が来たらフルスイングすると決めていた。ありがとう!」とコメントした。捕手の400号は野村克也、田淵幸一以来、史上3人目、巨人では王貞治、長嶋茂雄以来3人目だ。

阿部はお立ち台で「最高です。本当にありがとうございます。なかなか打てるものではないと思っていた。監督がいいところで使ってくれるので、そう思って準備をしている。(監督は)僕と同じくらいホッとしているのではないか。何より連敗が止まって良かった。いつも代打の時、大きな声援ありがとうございます。これが励みで、まだまだ頑張ろうと思える」と喜んだ。

原監督も「見事でしたね。僕らには考えられない数字。しかもキャッチャーというポジションで素晴らしい数字だと思います。まだあともうちょっと打ってほしいですね。私の目の前で打ってほしいですね」と称えた。

九回に二死二塁からサヨナラ適時打を放った坂本も喜んだ。「阿部さんが400号打ったんで何とか勝って、試合を終わりたいなと思ってたんでよかったです。ドキドキしながらしながら打席に立っていましたけど、結果が出て良かったなとホッとしています。僕も節目のホームランとか、ああいう場面でかっこいいホームランを久しぶりに見たんで、阿部さんより先に言わせてもらいます。最高です」

関連記事